語学はサービスも比較して効率良く学ぶ|英会話教室の料金チェック

本

英語が話せるようになる

英語の本

自分のレベルに合わる

英会話を学ぶ時に気をつけたいのが、今の自分のレベルにあった教材を選ぶことです。初心者には初心者の、ビジネス人にはビジネス人向けの、子どもには子ども向けの教材を選びます。英会話を初めて学ぶという人は子ども向けの教材を選んでしまいがちですが、それだと学ぶ言葉も子どもが使うようなものばかりになってしまいます。そのため、きちんと大人向けのものを選ぶのがいいです。自分のレベルが分からないという人には、何を目標にしているかで選ぶ方法もあります。英語検定で何級を取りたいのか、TOEICで何点取りたいのかなどです。英会話の教材には「英会話2級レベル」とか「TOEIC700点程度」などと書かれている場合が多いので、それを参考に選ぶことが出来ます。

続けられるものを選ぶ

英語を読むためには文法も大事ですが、英語を話すためには英語の発音に慣れることも大切です。そのため、英会話の教材はネイティブスピーカーが話す会話が収録されています。ネイティブスピーカーの発音に慣れるためには、何度も聞くことが重要なので、繰り返し聴けるような会話集になっているのを選ぶのがいいです。難しすぎる会話だと聞き取れるようになる前に飽きてしまうこともあります。購入前に声が確認できるようなら、自分の好みのものを選ぶといいです。多くの英会話教材はCDが多いですが、映像があった方が覚えやすいという人向けに教材がDVDのものもあります。英会話教材の中には、大きなセットで高額なものもありますが、万一自分に合わなかった場合のことも考えて、返金制度があるものを選ぶと良いでしょう。